2018/10/02

子犬が我が家にやってきた

スポンサーリンク

まだ迎えて間もないワンコ

犬

生まれて初めて飼い主の家にやってきた日の子犬は不安がいっぱいです。

知らない人たちに囲まれて、なかなか落ち着くことができません。

「知らない人達に、いっぱい触られて抱っこされて…もう疲れたよぉー。 そんなことより、ここどこだよぉー。」

と内心思っているのです。

そんな”つれない”子犬さんに

「ここが新しい君の場所だよ♡」

とケージを用意してあげれば、

「やれやれ、ここがボク(わたし) の場所なんだ、やっと休める。」

と寛いでくれます。

子犬の姿をついつい見つめてしまいますが、

「見られてると落ち着かないんだけど? おトイレしたいのに…」

と子犬を緊張させてしまいます。

たまらなくかわいいのでついついじーと見てしまいますが、来たばかりの子犬に注視しすぎるのはよくありません。

「これは失敬」

と退散し、子犬に心おきなく排泄してもらいましょう。

まだ赤ちゃんなので、正しい場所におトイレができないかもしれませんが、無理に初日からしつける必要はありません。

くれぐれも折檻は厳禁(NG)です。

意味がわからないうちに叱っても不信感が生まれるだけで何も良いことはありません。

トイレのしつけについてはこちらをご覧くださいね。

→ 「トイレのしつけ」はこちらへ

初日の食事は、なじみのあるフードで安心させます。

例えば、子犬のブリーダさんからあらかじめ1食分入手しておきます。

お袋の味をフードボウルに、飲み水を別のボウルに入れて

「さあ、召し上がれ。」

と勧めましょう。

「おすわり、待て、よし」

は、まだ必要ありません。

まだ言葉を話さない人間の赤ちゃんに

「いただきます」

を教えるようなものです。

基本的なしつけはこちらをご参考になさってください。

→ 「基本的なしつけ(おすわり)」はこちらへ

来たばかりの子犬には、初めのうちはとにかくゆっくり休んでもらいましょう。

大きな音を出して驚かせてもいけません。

慣れない場所では過剰に反応してしまうためです。

子犬の前から立ち去ると、

「クゥーン」

と鳴き出すこともあります。

迎えて間もない子犬は

「構いすぎてもダメ、一人ぼっちにしてもダメ」

どうしてよいか戸惑うかも知れません。

こんなときは、ぬいぐるみを子犬の脇に置いて添い寝をさせてみましょう。

母犬や兄妹犬に寄り添っていた感触を思い出し、すやすやと落ち着いて寝てくれます。

これでもう、子犬の前から立ち去っても、

「クゥーン」

と鳴かないはず。

それでもだめなら子犬の視界に入る距離に居続けてあげてくださいね。

スポンサーリンク

子犬を迎えた当日のポイント

ポイント1.  子犬を迎えた日は、ケージかサークルを用意し、できるだけ早く休ませる。

ポイント2.  抱っこして触るなど、構いすぎてはいけない。

ポイント3.  注視しすぎて、緊張させてはいけない。

ポイント4.  犬を迎えた初日にしつけを始めなくてよい。

ポイント5.  大きな音を立てて驚かせてはいけない。

ポイント6.  なるべく、子犬の視界に入る場所にいること。

ポイント7.  食事には、子犬が生活していた場所(ブリーダーさん宅やペットショップなど) で与えていたフードと同じものを与えるとよい。

ポイント8.  食器は、アレルギーを起こしにくい素材(陶磁器製かステンレス製) を用いる。

ポイント9.  食器は、フード用と飲み水用に分ける。

スポンサーリンク

面白くて役に立つ犬の動画をお楽しみください。