ドッグフードの種類には目的上の分類や水分含有率による分類があります!

犬
スポンサーリンク

ドッグフードには、目的上の分類水分含有率による分類があります。

スポンサーリンク

目的上の分類

パッケージの記載を確認して、ワンコにドッグフードを与えるようにしましょう。

総合栄養食

犬にとって必要な栄養素をすべて補うことができるドッグフードのことです。

犬の食事には、「総合栄養食」と水を与えることです。

「幼犬用・成犬用・老犬(シニア) 用・妊娠・授乳期用」などに分かれているので、愛犬にあった適切なものを選びましょう。

パッケージに「総合栄養食」と表記があるものは、ペットフード公正取引協議会が定めた給与試験基準やペットフードの表示に関する公正競争規約に定められた栄養基準を満たしていることを示します。

間食

おやつ類(ガム・ジャーキー・クッキーなど)のことです。

栄養バランスとしては偏りがあるので、与えすぎに注意しましょう。

おやつの与え方については、⇒おやつの与え方 を参照してください。

しつけのご褒美として役立てるとよいです。

目的食

「一般食」「副食」「カロリー補給食」「栄養補完食」などの表示があり、嗜好性を高めたもの(一般食・副食)、カロリー補強(カロリー補給食)、特定の栄養の調整したもの(栄養補完食)、病気の犬のために栄養素を調整したもの(療法食) などがあります。

栄養補完の例

– 犬にとって必要な脂質はω-6 (リノール酸・アラキドン酸) であるのに対し ( ⇒ 犬に必要な栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物) を参照)、犬の免疫力を高めたり、皮膚や被毛のつやを良くするために ω-6 だけでなくω-3 (リノレン酸) も配合されたもの。

– 関節が弱った老犬のために、グルコサミンとコンドロイチンが配合されたもの。

スポンサーリンク

水分含有量による分類

水分含有量が多いものほどカビが生えやすく、開封後は日持ちしません。

保存環境には十分注意しましょう。

また、ドッグフードは脂質を多く含みます。

不飽和脂肪酸は、空気に触れると酸化しやすいことに注意して取り扱いましょう。

ウェットフード

水分含有量: 75%以上
保存期間:開封後は1 日程度。
保存方法:開封後は冷蔵庫に入れ密封容器で保存。
タイプ:缶詰、レトルト、アルミトレーなど。
特徴:柔らかく、犬が好む味に仕上げてあるため、犬の食欲が落ちたときに与えるとよい。
オールミートタイプ(肉や魚肉を原料にしたもの) や、レーションタイプ(肉に野菜やビタミンなどを加えたもの)がある。
レトルトには、素材や栄養素は犬用に配慮した上で人間のメニューに準じたもの(ロールキャベツ・すき焼きなど) 様々なラインナップがある。

セミモイストフード

水分含有量: 25~35%程度
保存方法:乾燥を防ぐこと(水分がなくなると硬くなる)
特徴:指で押すと柔らかいと感じる程度の感触。加熱発泡処理していない。

ソフトドライフード

水分含有量: 25~35%程度(セミモイストフードとほぼ同程度)
保存方法:カビが生えない環境に置く。
特徴:加熱発泡処理してある。

ドライフード

水分含有量: 10%以下
保存期間:開封後1ヶ月以内特徴:乾燥させた硬い固形のフード。
硬さがあるため、犬の歯や顎が鍛えられる。歯に歯垢がつきにくい。
栄養バランスが優れたものが多い。
離乳期の子犬や歯が衰えた老犬には、お湯でふやかしてから与える。
( ⇒食事の与え方(子犬)  ⇒食事の与え方(老犬) もご参照ください)

スポンサーリンク

はるかの朝ごはん

面白くて役に立つ犬の動画をお楽しみください。

ヨーキーがめちゃかわいいです。

さすがにヨーキーだけあって毛並みがすばらしい!!