2018/10/02

犬に有害な植物(ツツジ科・マメ科・バラ科・ケシ科・ネギ属・ヒガンバナ・キョウチクトウ科・キキョウ科)

スポンサーリンク

犬に有害な植物(ツツジ科・マメ科・バラ科・ケシ科・ネギ属・ヒガンバナ・キョウチクトウ科・キキョウ科)

犬

犬に有害な植物には、犬を近づけないように工夫しましょう。

家に置かないようにしたり、お散歩ルートを変更するとよいでしょう。

摂取してしまった場合は、すぐに動物病院に連れていきましょう。

スポンサーリンク

ツツジ科の植物

ツツジ属:ツツジ・サツキ・シャクナゲ・アザレア
アセビ属:アセビ
イワナンテン属:ハナヒリノキ
カルミア属:カルミア
有毒成分:葉や蜜に含まれるグラヤノトキシン、ロードヤポニンなど
症状:よだれ・嘔吐・下痢・痙攣・筋力低下・徐脈・視力障害・昏睡など。死に至ることも。

スポンサーリンク

マメ科の植物

ルピナス属:キバナハウチワマメ
ラブルヌム属:キバナフジ
フジ属:フジ
症状:よだれ・嘔吐・腹・血圧上昇・運動失調・呼吸不全など。
死に至ることもある。

ハリエンジュ属;ニセアカシア
有毒成分:葉・実・樹皮などに含まれる成分。
吐き気・腹痛・血便・昏睡など。死に至ることも。

トウアズキ属:トウアズキ
有毒成分:種子に含まれるアブリン(猛毒性蛋白)
症状:死に至ることも。

スポンサーリンク

バラ科の植物

サクラ属:ウメ・モモ・スモモ・アンズ
有毒成分:未成熟の実・種子に含まれる青酸配糖体(アミグダリン)
症状:呼吸困難・痙攣・虚脱をきたす。死に至ることも。

スポンサーリンク

ケシ科の植物

ケシ属:ケシ
タケニグサ属:タケニグサ
クサノオウ属:クサノオウ
有毒成分:アルカロイド(サングイナリン・ケレリスリンなど)
症状:嘔吐・胃腸炎・呼吸困難・幻覚・体温や脈拍の低下など。死に至ることも。

コマクサ属:ケマンソウ
有毒成分:根茎と葉に含まれるビククリン、プロトビンなど。
症状:嘔吐・下痢・呼吸不全・心臓麻痺など。死に至ることも。

スポンサーリンク

ネギ属の植物

ヒガンバナ科ネギ亜科:ニンニク・タマネギ・ワケギ・アサツキ
ネギ科:ネギ
有毒成分:アリルプロピルジスルファイド
症状:溶血性貧血(赤血球の破壊)・頻脈・ふらつき・下痢・嘔吐・黄疸、口内粘膜蒼白など。死に至ることも

ヒガンバナ科の植物

ヒガンバナ属:ヒガンバナ・キツネノカミソリ
ヒッペアストルム属:アマリリス
スイセン属・スイセン
有毒成分:球根に含まれれるアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)
症状:嘔吐・下痢・腹痛・よだれ・麻痺・血圧低下・昏睡・心不全など。死に至ることも。

キョウチクトウ科の植物

ニチニチソウ属:ニチニチソウ
キョウチクトウ属;キョウチクトウ・セイヨウキョウチクトウ
有毒成分:アンドリン・アルカロイド(ビンクリスチンとビンブラスチンなど)
症状:嘔吐・下痢・頭痛・呼吸困難・痙攣・血圧低下・意識不明・心臓麻痺など。死に至ることも。

キキョウ科の植物

キキョウ属:キキョウ
ミゾカクシ属:ミゾカクシ・ロベリア
有毒成分:サポニンなど
症状:頓脈・よだれ・震え・ひきつり・ふらつき・呼吸困難・意識障害・虚脱・心臓麻痺など。死に至ることも。