2019/03/23

犬に有害な植物(ユリ科・ナス科・キンポウゲ科)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

犬に有害な植物(ユリ科・ナス科・キンポウゲ科)

犬

犬に有害な植物には、犬を近づけないように工夫しましょう。

家に置かないようにしたり、お散歩ルートを変更するとよいでしょう。

摂取してしまった場合は、すぐに動物病院に連れていきましょう。

スポンサーリンク

ユリ科の植物

●シュロソウ属:バイケイソウ
有毒成分:根茎に含まれるアルカロイド(ジエルビン、ベラトリン、プロトベラトミンなど)
症状:血圧降下、人間でも死に至る。

●シュロソウ属:コバイケイソウ・シュロソウ
ユリ属:ユリ・オニユリ
オモト属:オモト
ツクバネソウ属:ツクバネソウ
イヌサフラン属:イヌサフラン
有毒成分:コルヒチンなど。
症状:尿細管変性に因る、嘔吐・下痢・脱水症状・腎臓障害・循環器不全・呼吸困難・全身麻痺・手足のしびれ・視力障害など。死に至ることも。

●エンレイソウ属:エンレイソウ
有毒成分:サポニンなど。
症状:嘔吐・下痢など。

●チューリップ属:チューリップ
有毒成分:ツリピン
症状:心臓の異常・痙攣・呼吸困難・めまい・嘔吐・下痢・血便・腹痛・のどの乾き・粘膜の乾燥・瞳孔の拡大など。死に至ることも。

●スズラン属:スズラン
有毒成分:コンバラトキシン、コンバラマリンなど。(花を生けてある花瓶の水も有毒)
症状:下痢・嘔吐・よだれ・痙攣・呼吸困難・麻痺・四肢の脱力・多尿・頻尿など。死に至ることも。

●ヒヤシンス属:ヒヤシンス
症状:皮膚炎(接触)、心臓麻痺(摂取)。

スポンサーリンク

ナス科の植物

●ナス属:ナス・トマト・ジャガイモ・ヒヨドリジョウゴ
有毒成分:主に芽や葉に含まれる成分(ソラニンなど)
症状:嘔吐・下痢・血便・腹痛・口渇・呼吸困難・めまい・痙攣・麻痺・心筋梗塞など。死に至ることも。

●ホオズキ属:ホオズキ
有毒成分:アルカロイド・ヒストニンなど。
症状:流産。

●タバコ属:タバコ
有毒成分:葉に含まれるニコチン
症状:頻脈・よだれ・震え・ひきつり・ふらつきなど。死に至ることも。

●チョウセンアサガオ属:チョウセンアサガオ
有毒成分:ベラドンナ・ハシリドコロ・アトロピンなど。
症状:嘔吐・下痢・頻脈・口渇・幻覚・瞳孔散大・視覚障害など。死に至ることも。

●オオカミナスビ属:ベラドンナ
ハシリドコロ属:ハシリドコロ
有毒成分:茎と根に含まれるトロパンアルカロイドなど。
症状:かぶれ(葉の表面に接触)。嘔吐・興奮・散瞳など(摂取)。人間でも死に至ることも。

スポンサーリンク

キンポウゲ科の植物

●トリカブト属:トリカブト(日本三大有毒植物の1 つ)
有毒成分:ジテルペン系アルカロイド(アコニチン) など。
症状:摂取後数十分で死亡。

●キンポウゲ属:キツネノボタン・ウマノアシガタ
クリスマスローズ属:クリスマスローズオダマキ属:オダマキ
センニンソウ属:ハンショウヅル
有毒成分:ラヌンクリン、プロトアネモニンなど。
症状:口腔内の炎症・よだれ・、嘔吐・下痢・痙攣・運動失調、不整脈など。死に至ることも。

●フクジュソウ属:フクジュソウ
有毒成分:アドニン
症状:死に至ることも。

●ヒエンソウ属:ヒエンソウ
症状:吐き気・腹痛・興奮・不整脈・昏睡など。死に至ることも。