2018/10/02

噛みつき癖の原因と直し方

スポンサーリンク

噛みつき癖の原因と直し方

犬

犬にとって、噛みつくことは特に悪気のある行為ではありませんが、人間や他のペットに重大な危害を及ぼしてしまいます。

子犬の歯がすべて永久歯に生えかわる前に、噛みつき癖を直す必要があります。

噛みつき癖のある犬はペット同伴の宿泊施設(→ ペット同伴ホテルでのマナー ) などを利用できません。

噛みつきの原因

犬が噛む原因には次のようなものがあります。

・ 遊びやじゃれの一環
・ 怖さ・痛さに伴う行動
・ テリトリーを守るための攻撃
・ 獲物を捕まえるための攻撃

噛みつき癖を直す適正時期

乳歯が生え揃う時期(生後3ヶ月頃)~永久歯に生えかわる(生後7~8ヶ月齢) 頃まで。

犬の歯の生え方については、⇒ 犬のお手入れ(歯磨き) を参照してくださいね。

噛みつき癖の直し方

準備(犬に信頼させる)
– 犬の正面に座り、上から見下ろしてに犬の目を見ます。
– 犬の頭を両手でやさしくなでます。
– 犬の上顎を持ち上げて、口を開けさせます。

子犬を独りぼっちにする方法:
1. 子犬がじゃれて噛んだら、無言で部屋を出てドアを閉め、子犬を独りにします。
2. 子犬が「ドアを開けてほしい」とアピールしてきても無視します。
3. 子犬が静かになるまでそのままにしておきます。

子犬がじゃれて噛む度に、1~3 の行動をとり、子犬が「噛んでしまうと無視されてつまんない」と思うように印象づけます。

「痛い!」と叫ぶ方法:
1. 普段は、やさしい声で子犬に話しかけるようにします。
2. 子犬がじゃれて噛んだら、「痛い!」と大声で叫んで驚かせます。

子犬がじゃれて噛む度に、1~2 の行動をとります。

犬に噛まれて怪我したときの処置方法

犬が噛みついた傷から、狂犬病、カプノサイトファーガ-カニモルサス感染症、パスツレラ症などに感染する恐れがあります。

・ 流水で傷口を綺麗に洗います。
・ 消毒液をつけます。
・ 24 時間以内に病院で処置してもらいましょう。

スポンサーリンク

噛みつき癖の原因と直し方のポイント

ポイント1. 子犬の歯がすべて永久歯に生えかわる前に、噛みつき癖を直す必要がある。
ポイント2. 犬の噛みついた傷から、狂犬病、カプノサイトファーガ-カニモルサス感染症、パスツレラ症などに感染する恐れがある。
ポイント3. 犬に噛まれて怪我をしたら、24 時間以内に病院で処置してもらうこと。
ポイント4. 犬が噛む原因には、遊びやじゃれの一環、怖さ・痛さに伴う行動、攻撃などがある。
ポイント5. 噛み癖を直す訓練の前に、犬の口を開けさせる練習をしておくこと。
ポイント6. 噛み癖を直す方法には、「無視する方法」と「叫ぶ方法」がある。
ポイント7. 噛まれたら子犬を独りにして無視するとよい。
ポイント8. 噛まれたら「痛い!」と叫んで子犬を驚かせる方法もある。
ポイント9. 犬を同伴できる施設でも、噛みつき癖のある犬は立ち入りを禁じられていることが多い。